証券について勉強してみた

世の中に蔓延る難しい言葉、ややこしい言葉について学ぶことは非常に大事なことだと思います。わからない言葉をわからないままにする事は危険なのです。最近気になっていた言葉それは証券です。たった二文字なのにも関わらずただならぬオーラを感じてしまいます。証券をネットで調べると証券は何かの権利、財産を証明するものの様です。さらに証券は2つの種類に分けられます。有価証券と証拠証券の二つです。有価証券はそのものに価値があります。株券とかは有価証券にあたります。有価証券をさらに分けると貨幣証券、商品証券、資本証券にわけることができます。ただ一般的に有価証券というと資本証券のことを指すようです。株式や債券は資本証券にあたります。だんだんややこしくなってきました。有価証券といえばほぼ株式指すことになるということなんでしょうか。では株について勉強すれば証券はわかったようなものかもしれませんね。あくまでたくさんある有価証券の一つに過ぎませんが。株に限らず有価証券について学ぶことは結構有意義みたいです。例えば今不景気で就職難ですよね。なかな転職も難しい・・・。そんな時にみなさんの取る行動として資格を取ることが挙げられます。そのなかで経理関係の資格として人気があるのが簿記ですね。簿記の資格をもてればそこそこアピールできますね。そんな簿記の試験にじつは有価証券の知識が問われる問題が多く出題されてるんです。ライバルに差をつけるために有価証券について勉強するのはありなんじゃないでしょうか。まあそのためだけに株を買うのはちょっとリスクが大きいですよね(笑)さすがにそんな人はいないでしょうけど。いろいろ種類のある有価証券。これら勉強するのは結構時間がかかりそうです。一部にすぎない株だけでもかなり奥が深いですからね。しかし就職に有利なら一度必死になって勉強しますかね。バイナリーオプションで稼いでいる人達はだいたい無資格の人が多いので、バイナリーオプションブログを読んでいると思いますが、無資格ってなんか寂しいです。就職じゃなくて単純に資産を増やしたい方は資本証券について学ぶのもいいかもしれませんね。リスクはあるかもしれませんが結構楽しいかもです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ