クラウドソーシングの発達は在宅ワークを変えた!

私は大学卒業後から今の今まで、長いことフリーランサーとして活動してきていますが、ここ最近のクラウドソーシングの発達は非常に目を見張るものがあると感じています。昔はクライアントから仕事をもらってくるのも、クライアントから報酬を受け取るのだって、全て自分で管理、やりとりする必要がありましたが、今はクラウドソーシングが台頭したおかげで、そういった煩わしいと思える作業を全て機械化することができました。ランサーは作業だけに集中することが出来ますし、クライアントは自分が最も求めているランサーに手っ取り早く出会うことが出来るようになったわけです。ランサーにとってクライアントを探すというのは最も大切なところで、これが出来ないといくら技術があっても働いてお金を稼ぐことが出来ません。多少の仲介料を払ってでもクライアントが欲しいと思っていたランサーにとって、これ以上良いサービスは他に無いといえるでしょう。
今まで在宅ワークでお金儲けをしたい、始めたいと思っている人はいても、なかなか簡単に始めることができるものではありませんでした。なぜなら社会に出た経験とそれを活かしたコネクションがなければクライアントとマッチングするなど到底不可能だったからです。大学卒業して間もない、社会経験の薄い半学生と一体誰が仕事したがるでしょうか、いくら技術と才能にあふれた若者であっても、社会経験が薄いというだけでクライアントは仕事をしてくれないのです。ですが今は技術があればすぐにクライアントとマッチングできるため、技術がある若者であればいくらでも稼げるようになりました。大学卒業後いきなりフリーランサーとして働いていく学生が多いのも、クラウドソーシングがあるからだということができるでしょう。
在宅ワークでお金儲けをするという敷居が下がったのは確かなのですが、それだけではフリーランサーの絶対的な需要は決して高まりません。在宅ワークでお金儲けしやすくなった背景にはインターネットの発達とそれに伴う娯楽の変化を挙げることができると私は思っています。SNSやソーシャルゲームといったメディアの台頭、そしてアフィリエイトの一般化など、多くの変化がフリーで働く在宅ワーカーにとって、非常に有利に働いたわけです。この先もっとクラウドソーシング周りの技術、インターネットが発達すれば誰もが在宅ワークでお金儲けすることができる環境が構築されるかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ