在宅ワークは主婦向け副業であることの理由

在宅ワークは主婦向け副業に最適です。都会では保育園の数が足りず待機児童も増えています。一方、保育園に預けても何かと仕事を休まざるを得ないことも多いです。そんな仕事をしたい主婦にとって在宅ワークは一つの選択肢となるのではと考えられます。在宅ワークは主婦向け副業が最適である理由を見てゆこうと思います。
○子どもと一緒にいる時間が増える
小さい頃はできるだけ子どもと一緒にいたいものです。小学生になれば友達と遊ぶ時間がだんだん増えてゆきます。親と一緒にままごとをしたりするのは長い人生で考えるとほんの少しの間だけです。なので子どもが小学生になるくらいまでは一緒にいて遊んであげたいです。しかし外に働きに出ていると家事をするだけで精一杯になります。あとは自分の時間も確保したいと思ったり、1日24時間では足りなくなります。
○保育園に預けても病気のときは
0歳で保育園に預けるとしょっちゅう風邪を引いたりします。外の環境に慣れないという理由もあります。なので仕事復帰しても保育園から電話が掛かってきて、職場を早退して子どもを迎えに行くことになります。最悪、翌日は会社を休むことにもなりかねません。ですので預けるところがあっても突発的な子どもに関することで仕事を中断したり休むことが多くなります。しかし在宅ワークだと子どもが風邪を引いてもいつでも病院へ行け、看病もできます。
○夏休みなど長期休暇にも対応
学童に朝から夕方まで子どもに行ってもらうのは少々、心苦しさを感じます。ほんとうは昔のように夏休みは山や川に友達と出かけて真っ黒になって遊ぶものです。快適な冷房の下で同じ場所にずっといることは子どもにとっては退屈です。ですのでもし在宅ワークができれば学童に通わせずに済みます。しっかり監督して外に遊ばせに行かせることもできます。在宅ワークは主婦向け副業に最適だという理由の一つです。
○デメリットは
いつも一緒に子どもといることは大変、貴重で大切です。しかしデメリットもあります。仕事を家でしながら子どもと遊んだり勉強を教えたり、さらに家事もしなくてはいけません。3つも4つも同時にこなすことはわりと至難の業です。例えばテレビを見ながらラジオを聞いてネットでSNSにつぶやきつつ、さらにもう一つのテレビでDVDを見る。さすがに無理があります。また子どもの面倒が見れるのはいいのですが一人になりたいと思うときだって主婦にもあります。
このように在宅ワークは主婦向け副業である理由は子どもです。子どもの成長をそばで見守りながら仕事ができるのは大変ありがたいことです。外で働いていると子どもと接する時間は少なくなります。なので在宅ワークは主婦向け副業として大きく活用できます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ